Aseiito.net

深圳在外研究メモ No.34 深圳開催のWTOグローバルバリューチェーンコンファレンス2017に参加してみた編~サプライチェーンにDigitalizationとChina Effectを入れたらどうなるのか?

10月12-13日に深圳市にてWTOが主催したコンファレンス、2017 Global Value Chain Innovation Development Summitにパネリストとして参加しました。2015年から開催されており、今年はWTOのチーフエコノミスト、Robert Koopman教授が呼びかけ人となっていました。テーマは国際価値連鎖(グローバリューチェーン, いわゆるGVCs) で、私の理解では既存のバリューチェーンに、(1)中国の影響(China Effect)、(2)デジタル化(Digitalization)を入れると何が起きるのか、という点に議論が集中していたと思います。

登壇者は投稿の末尾に載せておきますが、Robert B. Koopman (Chief Economist, WTO)、Gary Gereffi (Duke University)は付加価値貿易論や国際価値連鎖の大家ですし、Pankaj Ghemawat(New York University)は国際ビジネスの議論で著名です。これらのメンバーとGVCsの未来を議論できた、とても贅沢な二日間でした。私はこの分野で全く成果を挙げていないので、たまたま深圳にいたから声がかかったわけで、ラッキーでした。

1.セッションの構成

セッションの構成は、以下の通りです。

(1) NEW TRENDS IN GLOBAL ECONOMY, GLOBALIZATION AND GVCS

(2) SESSION 2: THE GOVERNANCE OF GLOBAL VALUE CHAINS

(3) SESSION 3: HOW TECHNOLOGICAL INNOVATIONS, SUCH AS AI, ROBOTICS AND BIG DATA CAN HELP GVC UPGRADING?

(4) SESSION 4: REGULATORY FRAMEWORKS FOR GVC UPGRADING AND ECONOMIC AND INNOVATION CLUSTERS

最初にセッション1でグローバル化そのものを議論し、セッション2でそのガバナンスの議論をGereffi先生を中心にして、セッション3で技術、とくにAI、自動化、ビッグデータがGVCsにもたらす影響を、そしてセッション4で政府の役割を議論するという流れです。私はセッション3にパネリストとして参加しましたが、当初声がかかった時点でのセッション3は「イノベーションと政府の役割」のようなテーマだったのですが、しばらくしてからAIとビッグデータの役割という点に焦点が変わり、驚いたのですが、結果的には非常に刺激的なセッションになりました。

2.全体を通じた重要な論点

 2日間の中で論点となっていたのは以下の4点だと思います。

論点1. Globalizationが逆流しているようにも見えるがどう考えるべきか?

この論点についてはいくらでもすでに研究があると思うのですが、学者に加えて政策担当者や企業家も登壇したことで、米国トランプ政権の影響やその背景、グローバリゼーションによる受益のあり方の不均一性が論点となっていました。

基調講演をしたPankaj Ghemawat教授は、いくつかのデータから見て、グローバリゼーションが退潮しているとは言えず、特にこの数年間に国境を越えたデータのやり取りが急激に伸びている点を重視していました。従来の貿易や投資関係に加えて、データのやり取りが新たなトピックになっている、ということになります。

論点2.DigitalizationはGVCsにどのような影響を与えるか?

第二の、そして2日間を通して最も頻繁に議論されたのは、経済のデジタル化、そしてAI、ビッグデータ(およびそのプラットフォーマー)、ロボティクス/自動化といった要因が世界の価値連鎖に与える影響でした。明確な議論の方向性が見えなかったことも事実ですが、それだけ様々な意見が提出されていたとも振り返ることができます。Koopman教授が基調講演で、3Dプリンターの発展が、中間財生産のローカル化を通じて、世界の貿易量を大きく減らす可能性があるという研究を紹介していたのは面白かったです。

この論点を特に議論したはセッション3でした。セッション3の論点提供者だったJeongmin Seong(Senior Fellow, McKinsey Global Institute Asia)は、むしろ新しいレベルのグローバリゼーション、とくにデータのやり取りとAI/機械化の影響の広がりが起きると指摘していました。とくにAIの影響は、仕事の性質によって影響を受け、判断が必要ない単純作業ほど自動化されていくため、その影響は特に今後新興国ほど現れるだろうと述べていました。中国におけるイノベーションのパターンについても指摘していたのですが、とても密度の高い報告だったと思います。

この他に印象的だったのは、James K. Lockett(Vice-President and Head of Trade Facilitation and Market Access, Huawei Technologies)が「DigitalからIntelligentへと進む。Smart PhoneはIntelligent Phoneになるだろう。今までは人間がスマートフォンの使い方を学習してきたが、今後はスマートフォンがあなたを学習するようになる(now you learn your phone, but in the future, your phone will learn you)。これは不可避の方向性だ」といった指摘をしたことでした。your phone will learn youは結構なパワーワードで、昼食の時も話題になりました。あとは「データは新しい石油だ」説を皆どう見ているか、などというざっくばらんな議論もありました。HUAWEIのJamesが「石油じゃないよ、適当な比喩じゃない。そもそもデータは物じゃないし。」と言って、それに対してビッグデータ屋さんのBarcoが「データの種類と掘り方(アルゴリズム)次第でしょ。意味のないデータも多いし、整理されていないデータはまあ価値は引き出しにくいけど、腕次第でもある」みたいなやり取りがあって、この議論はもっとじっくりしたかったと感じました。PankajやJeonmingが指摘した「越境データフローの増加」についてはIvanとご飯を食べているときに、「データフローの中心は動画だろうから、ぶっちゃけみんながYoutube見ているだけなのでは」という議論もなかなか面白かったし、このあたりはすこしデータを探してみたいところです。

私はセッション3のパネルセッションでは(1)会議全体の論点の整理をしたうえで(2)日本におけるIndustry4.0を巡る議論の進展(トヨタ生産方式との異同を巡る話など)、(3)深圳まわりで、工場内での自動化やシステムの効率化は見られているが、個別工場を越えたサプライチェーンレベルでのデジタルな同期化は、自分が見た中ではあまり感じられていないこと、を指摘しました。

論点3.China EffectはGVCsにどのような影響を与えるか?

もう一つの重要な論点は、中国の影響で、その中には(1)中国の国内市場から育ってきたAlibabaをはじめとする巨大なプラットフォーマーが与えうる影響、(2)一帯一路の影響も含めて、中国から世界への貿易投資の動きが今度どうなり、何が起きるか、(3)深圳はこの新しい時代にどのような役割を果たすことができる、が含まれていました。正直GVCsのコンファレンスで一帯一路がでてくるとは想像していなかったのですが、OECDの研究所でも議論がされているようです。

論点4.国際機関、政府(地方政府を含む)の役割はどう変わるか?

最後の論点は、Digitalizationの時代にWTOのような国際機関、そして政府はどのような論点に直面し、どのような政策を実施すべきか、という点です。直面する課題の筆頭は、データの管理の問題で、データ利用について規制をすべきか、データ利用による企業の応用をどこまで見守っていくべきか、という点です。そしてデジタル化の時代に、政府はどのようなイノベーション政策や関連政策を実施すべきか、という論点も含みます。深圳市政府は広域地域開発計画(ビッグベイ)によって、サプライチェーンの広域化を図りながらも、人材への優遇政策を実施することで、そして企業のニーズを掘り起こしていくことを重視しているようでした。

Zheng Yanlingさんが総括の挨拶で、「アリババはプラットフォーマーとかエコシステムというけど、結局閉鎖的で、強引にベンチャー企業を買収しているようにも見える。でもアリババが好きな人も、アリババが嫌いな人も、アリババがやっていることを恨むことはできない、なぜなら彼らは技術によって発展を追求しているだけで、彼らには責任はないからだ。好きでも嫌いでもデジタル化、技術の進歩は止まらない。」という趣旨の発言をしていて、中国の現場で、体験している人ならではの切迫した言葉ゆえの説得感がありました。閉会の挨拶のなかでKoopman教授が来年も開催すると言っていたので、また声をかけてもらえるように努力したいと思います。

以下は会議の様子です。

IMG_20171012_100516.jpg

IMG_20171012_105227.jpg

Pankaj Ghemawat教授によるプレゼン。このタイトルの本がでているらしいです。

 

 

越境データフローが増えていることを強調。

IMG_20171012_113144.jpg

Koopman教授による、分類別付加価値貿易額の推移の解説。

IMG_20171012_113702.jpg

Koopman教授が紹介した3Dプリンターが世界の貿易に与えうる影響の図。

IMG_20171012_143953.jpg

Gereffi教授のプレゼンの目次。DigitalizationがGVCsにどのような影響を与えるかを正面から取り上げて議論をしようとしていたのが印象的でした。

IMG_20171013_100917.jpg

マッキンゼーのJeongmingさんの報告。個人的に一番刺激的なプレゼンだったと思います。

IMG_20171013_101657.jpg

自動化って新興国に一番影響与えるんじゃないの、というスライド。単純労働ほど自動化されやすいということを単純に適用したのか、労賃の安さ(相対的な自動化コストの高さ)までを考慮したものなのか気になります。

mmexport1507977367305.jpg

セッション3の様子。JamesがHuaweiを紹介しているところ。

 

登壇者は次の通りでした。

2017 Global Value Chain Innovation Development Summit(SHENZHEN)

 

Yi Xiaozhun, Deputy Director-General, World Trade Organization

GU Xueming, President, Chinese Academy of International Trade and Economic Cooperation, MOFCOM

Zheng Yanling, Secretary-General, Shenzhen Logistics and Supply Chain Management Association (SLSCMA)

Session 1:

Robert B. Koopman, Chief Economist, World Trade Organization

Pankaj Ghemawat, Global Professor of Management and Strategy and Director of the Center for the Globalization of Education and Management at the Stern School of Business at New York University and Anselmo Rubiralta Professor of Global Strategy at IESE Business School

Marion Jansen, Chief Economist, International Trade Centre (ITC)

Hubert Escaith, Visiting Scholar at Shanghai University of International Business and Economics (SUIBE) – WTO Chair Programme

Eric Thun, Peter Moores Associate Professor in Chinese Business Studies at Saїd Business School, University of Oxford

Xiao Feng, Vice President, Onetouch Alibaba

Session 2:

Gary Gereffi, Professor and Director of the Center on Globalization, Governance & Competitiveness at Duke University

Deborah Elms, Executive Director, Asian Trade Centre

Hubert Escaith, Visiting Scholar at Shanghai University of International Business and Economics (SUIBE) – WTO Chair Programme

Eric Thun, Peter Moores Associate Professor in Chinese Business Studies at Saїd Business School, University of Oxford

Li Guanghui, Vice President of Chinese Academy of International Trade and Economic Cooperation, MOFCOM

Feng Xiangyang, Director, Futian District Enterprise Development Service Center

Gao Wei, Chairman, Shenzhen Run In-time Supply Chain Management Co. Ltd.

Marion Jansen, Chief Economist, International Trade Centre (ITC)

Session 3:

Zhongxiu Zhao, Founding Dean of Research Institute for Global Value Chains, Vice‑President, University of International Business and Economics, China

James K. Lockett, Vice-President and Head of Trade Facilitation and Market Access, Huawei Technologies

Jeongmin Seong, Senior Fellow, McKinsey Global Institute Asia

Asei Ito, Associate Professor, University of Tokyo

Barco You, CEO Founder Dasudian Technologies

Ivan Uemlianin, Cheif Scientist & Co-founder Dasudian Technologies

Zhang Ye, CEO, AEE Technology

Mia Mikic, Director of Trade and Investment Division, United Nations Economic and Social Commission for the Asia and the Pacific (UNESCAP)

Session 4:

Rihong Liu, Deputy Director General, Policy Research Department, MOFCOM, China

Qu Jian, Vice President of China Development Institute (CDI)

Annalisa Primi, Head of Structural Policies and Innovation Unit & OECD Initiative on GVCs, Production Transformation and Development, Development Centre, Organization for Economic Co-operation and Development (OECD)

Deborah Elms, Executive Director, Asian Trade Centre

Helmut Kergel, Director, European Secretariat for Cluster Analysis

Qiu Pu, Senior Vice President, Eternal Asia

Lu Wenrong, Chairman Assitant, YH Global

 

現地メディア報道:

http://sz.people.com.cn/n2/2017/1013/c202846-30826234.html

深圳在外研究メモ No.33 深圳のゲノム・ジャイアントBGI傘下の国家基因庫(China National GeneBank)訪問編~研究院の執行副院長は30才、まるで大学の雰囲気

エレクトロニクス産業が現状では支柱産業となっている深圳市ですが、AIや医療/バイオベンチャーの存在も徐々に耳にするようになってきました。なかでも世界的に著名なのが、世界最大の遺伝子解読(シークエンス)の能力を誇るとされる、BGI(華大基因)です。

BGIはBeijing Genomics Instituteの略称で、その名の通り、元来は1999年に北京に設立された研究所でした。WIRED記事「中国のゲノム研究所、「究極のシークエンサー」の開発に着手」でも紹介されている通り、2010年にBGIが当時世界最速のシークエンス機であるIllmina社のHiSeq200を128台購入したことで、一気に世界最大のシークエンス機関となったことが特に著名です。最近ではBGI傘下の一社である華大基因股份有限公司が深圳市証券取引所に上場しています。

中国国内の報道に記載されたBGIの歴史を要約すると次のようになります。。

第一段階(1990年-1998年):キャッチアップ段階

1990年に「ヒトゲノム計画」が始動したとき、英国のSangerゲノム研究所のポスターに書かれていた“buy one or get one free?”という挑発的なタイトルに、楊焕明、于軍、汪建らは大いに触発を受けた。1997年に湖南省での会議で、彼らは先見的な戦略を提案し、1998年8月に中国科学院遺伝研究所にヒトゲノムセンターが開設された。しかし当時は中国国内はヒトゲノム計画に参加すべきか意見が大きく分かれていた。

1999年に汪建らは独自にヒトゲノム計画に「中国代表」として参加申し込みを行い、米国、英国、日本、ドイツ、フランスに続く6か国目として正式に参加することとなった。

第二段階(1998年―2006年):参加と合流

1999年9月9日、ヒトゲノム計画の「中国部分」を担当することを担う研究所として、北京華大基因研究中心を正式に登記する。2000年6月26日、6か国16研究所の努力の結果、米国のクリントン大統領と英国のブレア首相が「ヒトゲノム計画」のワーキングフレームワークを発表した。この結果、時の江沢民国家主席は汪建らを誉めたたえ、BGIは一夜にして中国国内で著名となった。

この間、様々な原因によって、BGIは杭州に移転し、一度は国家体系から離れたが、愛国心を放棄したわけではなく、むしろ2003年のSARS流行時には病原体の遺伝子配列を分析し、30万セットの診断キットを寄付した。この結果、2003年4月、胡錦涛国家主席から表彰され、BGIは再び国家体系の中にもどった。しかし当時の毛細血管測定技術ではコストが落ちず、これが原因で2006年に再び制度的な壁にぶつかることとなった。

第三段階(2006年-2013年) 並走と超越

新シークエンス技術の登場のタイミングで、2007年、汪らは深圳市政府の支援のもとで、南下し、深圳で「中国人遺伝子図」プロジェクトを始動する。その後、更に1000人のヒトゲノムの解読を行ったが、これらはすべて国外のシークエンス機械によって達成されたものであった。

第四段階(2014年-2022年)飛び越えとけん引

BGIは2013年に米国のシークエンス機メーカーを買収し、設備の国産化に着手し、更なる発展を目指している。

上記の書き方は表向きという感じで、BGI参加のデータセンターを今回訪問するなかで、国家体系のなかを意味する科学院に入った時期(SARS解読の貢献の後)には、研究所の運営を巡り衝突があったとのことです。これが、科学院を離れて、独自の企業形態で深圳市に2007年に移転したことにつながります。

シークエンス機器については現状では買収した米国企業での開発が主力とのことでしたが、深圳市にはFoxconnやHuaweiをはじめとしてエレクトロニクス産業の蓄積があり、深圳市でシークエンス機器が製造されるようにすでになっているか、あるいは近い将来になると考えるのが自然でしょう。

以下では今回訪問できた、BGI傘下のデータセンター、国家基因庫(China National GeneBank)の様子を紹介します。

IMG_20171009_123941.jpg

大鵬新区にある国家基因庫(China National GeneBank)のビル。

IMG_20171009_100345.jpg

ロゴは「2つのプラットフォーム、3つのデータベース」を表象しているとのことでした。2つのプラットフォームとは、シークエンスと組み換えのプラットフォームを意味し、データベースはサンプルデータ、遺伝子データ、そして生体データを意味しています。合計で現在60ペタバイトのデータを管理しているとのことでした。

IMG_20171009_100500.jpg

入り口ではマンモス像にスローガンである「永存、永生」が記載されている。

IMG_20171009_101601.jpg

開放感溢れる館内。

IMG_20171009_104005.jpg

案内してくれた執行副院長は1987年生まれ、湖北省でセンター試験No.1(中国語では「高考状元」)で北京大学に入ったという方でした。北京大学卒業後、デンマークで博士を取り、BGIに入社したとのことで、中国の人材の若さと厚さを目の当たりにしました。BGIでは研究方面で成果を出す研究者としての評価のほかに、プロジェクトの運営で成果を出すことで評価されるポジションもあるそうで、彼は後者に属するそうです。

IMG_20171009_110432.jpg

シークエンス機器、サンプル数、データ量、論文糧、産業での収入の推移。

IMG_20171009_105346.jpgIMG_20171009_112055.jpg

シークエンス機が並ぶ部屋。大きな部屋に100台以上がならび、部屋の中には4名程度の従業員がいるだけでした。

IMG_20171009_112653.jpg

最も印象に残ったのは、フロアの壁に書かれた手書きと張り紙。これは創業者である汪建が自ら手書きで書いたものらしく、BGIの方向性や方針が生々しく頭を動かしながら作られている姿が目に浮かびました。大学教授の研究室ではよくホワイドボードに研究構想や数式が並んでいますが、それに近い印象です。また案内してくれた方も、汪健氏のことを「汪老師(汪せんせい)」と呼んでおり、「汪総(汪社長)」などとは一言も言わなかったことも、研究寄りの機関としての特徴を感じさせました。

IMG_20171009_112713.jpg

「大民生、大産業、大科学」のトライアングル。左上には「健康中国」、「一帯一路」といったキーワードもあります。

 

 

IMG_20171009_113654.jpg

屋外の看板をよく見ると、粟がはいっており、これはBGIでは植物の解読も進めていることがあるとのことでした。BGIにはフラミンゴまでいて、自然あふれる環境に研究所を作っている方針が明確です。

IMG_20171009_121119.jpg

お昼時の食堂。この写真だけを見たら大学の食堂と言っても通じるかもしれないですね。平均27才ということでした。

深圳在外研究メモ No.32 深圳イノベーション·アントレプレナーシップ・ウィーク2017編~テーマは「深圳と創造しよう」

 2015年以来、中国では創業と創新(イノベーション)の二つの「創」のいみで、「双創週(通称イノベーションウィーク)」が開催されています。期間は9月15日から21日で、深圳での正式名は「全国双创周深圳活动暨第三届深圳国际创客周」、イノベーションウィーク自体は全国のイベントなので、その深圳分会という位置づけです。なかでも会展中心で開催されている展示会が最も規模の大きな展示で、このほかに市内の各地で関連イベントが50以上開催されています。

昨年のイノベーションウィークでは、李克強首相主催、そしてアップルのティムクックまで列席した会議が開催されましたが、今回は党大会前というタイミングで、政治的には控えめの開催だったと感じました。内容としては深圳のロボティクス企業やメイカースペースの展示が並んでおり、メイカーフェアーよりはずっと公式的な展示、例えば研究機関系の展示が多く、これはこれで新たな側面を垣間見ることができました。

以下、写真。

IMG_20170917_141706.jpg

2017年9月17日(日)午後の様子、それほど来客は多くなかったのですが、展示の中身は濃かったと思います。

IMG_20170917_140836.jpg

メイカースペースのパビリオン。3W、柴火、Segmaker、星雲などに加えて、知らないスペースもずいぶん並んでいました。

IMG_20170917_131529.jpg

ドローンパビリオン。DJIは出展していませんでした、農業用ドローン、ホビー用ドローン、グループコントロールの会社が出展していました。

IMG_20170917_141154.jpg

キーワードの「深圳と創造しよう」。

IMG_20170917_121924.jpg

自走する、しゃべる、自販機。画像認識で人を見つけて、追いかけ、約50cmまで接近し、声をかけて営業をかけ、QRコードでの決済。買わない場合には広告を流しながら他の顧客に向かう…。

IMG_20170917_122508.jpg

折り畳み式電動二輪。すでに金型を作り、量産体制に入っているとのこと。

IMG_20170917_123529.jpg

水中ドローンFifish(QYsea)と共同研究した水中無線モジュールを展示していたブース(左右に飛び出しているのが無線モジュール)。Fifishの初期プロトタイプは有線での操作が基本でしたが、すでに技術的に解消が近いことを知りました。

IMG_20170917_130338_2.jpg

ドローンの編隊飛行(グループコントロール)とダンサーの共演というパフォーマンス。あとから日本でもすでにライゾマティクスがドローンとダンスを組み合わせたパフォーマンスをやっているのを知り合いに教えてもらったのですが、機械学習までしているかどうかは不明。

IMG_20170917_141300.jpg

メイカー地図2017。イノベーションウィーク用に以前から作成されており、今回は2017年版に更新された模様です。今度昨年版との照合をしてみようと思います。

IMG_20170916_145808.jpg

分科会の一つ、9月16日に開催された「一帯一路メイカーサミット」。フランス、パキスタン、エチオピア、ペルーからメイカーコミュニティまたは科学技術政策担当者が来て、それぞれの報告をしていました。パキスタンからの登壇者が、「3Dプリンターは銃も作れるので、治安上の理由からパキスタンでは輸入が禁止されている。ただ、メイカースペースではパーツを輸入して組み立てている。」といった面白い話を紹介していました。中国から登壇者はなぜか、というかこのワークショップの開催者David LIとつながっているロビン・ウーでした。

IMG_20170916_161241.jpg

アフリカビジネスの重要性を説く、「山寨王」ことロビン・ウー。彼のプレゼンを聞くのは初めてでしたが、とても面白かったので講演の内容を要約しておきます。

 エチオピアをはじめ、アフリカによく出張してビジネスの機会を探っている。一帯一路の政策に沿って、この構想に貢献できることは光栄なことだ。いまはエチオピアでエレクトロニクス製品の組み立て工場をやっているほかに、現地のスマホの充電需要を満たし、なおかつWifiを提供するボックスも展開している。製造だけで儲ける時代はすでに終わっている。製造だけでなく、自社アプリをダウンロードしてもらい、そこからさまざまなサービスへの展開の可能性があるから、アフリカのジャックマーを目指している。

なぜ80年代生まれがアフリカにいくのか?当然、習大大の一帯一路に貢献するためだ。でもそのうえで、はっきり言って80年代生まれの中国人はもう深センでマンション買えないじゃないか。私も80年代生まれだ。アフリカなら買える。家が買える。ビジネスだって深センよりは楽だ。だから80年代生まれ、90年代生まれの中国人はアフリカに行くべきなんだ。毛沢東は「世界はあなたたちのものだ、そして私たちのものでもある。しかし結局のところ、あなたたちのものだ」といって若者を励ました。今の若者は、深センだけじゃなく、天下を見るべきだ。

製造業で頑張ろうとか忘れるべきだ。深圳についていえば、製造業だけでビジネスをする時代はすでに終わっている。製造業のことも、政府のことも、メディアのことも、この会議のことも、すべて忘れればいい。そこに残るのは自分だけだ。奮闘する精神だけ持ってアフリカでやればいいんだ。そこには中国の80年代のような高度成長が待っている。」

 

IMG_20170916_162035.jpg

アフリカのジャックマーを目指して展開中の端末。充電でき、映画や音楽をダウンロードできる。

 

現地報道:

2017深圳双创周来啦,让草根创新创业更接地气

http://www.sznews.com/news/content/2017-09/16/content_17317868.htm

協賛団体:
深圳市工業設計協会 http://www.szida.org/

深圳在外研究メモ No.31 深圳テクノセンター訪問編~来料加工制度は終了へ、中国国内需要の開拓と難加工への挑戦

深圳の日系企業といえば、大手複写機メーカーや家電メーカーと並んで、テクノセンターの存在を指摘できます。現在の第三期は深圳市の北部、観欄にあり、現在19社が入居しています。

テクノセンターは1992年に開設され、来料加工の形態で多くの日系企業の現地進出をサポートしてきました。来料加工とは、加工貿易としての性質、すなわち原料を無関税で持ち込み、製品を輸出する形式に加えて、香港法人から華南の村への委託という形態をとることで、直接投資形態をとらない(つまり中国で法人を設立しない)、特殊な加工貿易形態です。

今回の在外研究中にも、テクノセンターのまさに開拓者である石井次郎さん、そしてテクノセンター総務部の西村三沙さんに加えて、さらには入居されている企業にも何社かお邪魔させていただき、お話を伺っています。

テクノセンター、そしてこの加工貿易の姿については、関満博編著『深圳テクノセンター 中小企業と若者に「希望」と「勇気」を』(新評論、2009年)に詳述されています。2009年というリーマンショックの影響色濃いタイミングで出版されたものですが、国内市場の開拓の重要性など、その後の方向性が指摘されています。私は大学院時代に、大学は別だったのですが関ゼミや隅田塾(関先生が次世代経営者に向けて開催するセミナー)に何回か顔を出させていただき、現場を駆け回るスタイルに刺激を受けたものの一人です。確か、当時、関先生は「同時代の証言」というような表現で、調査資料をまとめた書籍(自嘲気味に「この厚さなら枕にできるぞ」と言っていました)の量産を肯定していたと記憶していますが、実際にこうして興味深いタイミングの記録が残っていることは貴重です。

2009年以降の変化として、とくに重要なことは、2018年8月末でテクノセンターが持っている来料加工のライセンスが切れる予定であるという点です。来料加工は、テクノセンターと地元の村政府との契約という形をとるため、テクノセンターの契約が切れた後には、個別企業が独自で来料加工契約を持っていない場合には、そこで来料加工は終わることになります。西村さんのお話によると、8月末にライセンスが切れるとすると、最後の来料加工輸出は来年3月末までに終わらせる必要があるため、もうすぐ、テクノセンターとしての最後の来料加工輸出を迎えることになります。

華南、とくに東莞深圳地域の発展をもたらしてきた来料加工制度ですが、2008年金融危機後の広東省省書記、そして中央政府の方針もあり、来料加工での生産から、独資企業法人を設立する形態(いわゆる独資化)の動きが長らく続いてきました。東莞ではまた違った状況のようですが、テクノセンターでは独資化によって、現時点で訪問させていただいた企業の中には二つの方向性がありました。第一は中国国内の需要の開拓(中国に進出している日系企業、そしてローカル企業をともに含む)です。あの会社では独資化のタイミングで、来料加工時代にはいなかった営業部隊を立ち上げ、日本からエース級の営業を駐在させることにしたそうです。もう一つの方向性は、難加工への対応です。業務としては引き続き日本国内市場向けの金属製品の加工をしながらも、もはや日本国内で見つけることが難しいレベルの金型を深圳で製造し、それによるプレス加工を強味にしている企業でした。こうした取り組みがポスト来料加工時代の、日系中小製造業の方向性と言えるかもしれません。

かつては5000人を超えるような大運動会が開かれていたテクノセンターですが、現在は運動会の代わりにバーベキュー大会が開催されるという情報を耳にしたので、またそういったイベントにも参加してみるつもりです。ベンチャー企業やニューエコノミーが注目を集める深圳ですが、日系中小企業が築いてきた蓄積が、これからも活かされる方法があるのではないか、と最近考えています。

IMG_20170913_090343.jpg

テクノセンター(日技城)入り口。

IMG_20170913_152850.jpg

入居企業の看板(運営会社なども含む)

IMG_20170913_152035.jpg

石井次郎さんと。

IMG_20170915_141439.jpg

見せていただいた1997年6月、2.5期工事起工式の様子。

 

深圳在外研究メモ No.30 沿海部の東北支援策が動き出した編~深圳は哈爾浜と協力、何かが起きるのだろうか?

在外研究先である深圳大学の中国経済特区中心が東北部の哈爾浜で会議を開催したので、私も参加しました。会議のタイトルは『2017 世界経済特区(哈爾浜)発展論壇 ”一帯一路”背景下的自貿区建設与深哈合作』。特に後半を訳すと、「一帯一路を背景とした自由貿易区の建設と深圳―哈爾浜協力」となります。

1.「東北-沿海合作」と「深哈合作」

ここで出てくる「深哈合作」は、今年3月に国務院が策定した「東北部」と「東部」の一対一のいわゆる対口支援のフレームワークです。 《东北地区与东部地区部分省市对口合作工作方案》として発表されており、具体的には発展が遅れる東北3省を支援するために、下記のマッチングがされています。

省レベル:遼寧省と江蘇省、吉林省と浙江省、黒竜江省と広東省

市レベル:瀋陽と北京、大連と上海、長春と天津、哈爾浜と深圳

上記の文件によると、行政管理体制、国有経済改革、民営経済発展、対外開放、発展理念の共有を目指しており、産業面では設備製造業、新興産業(ロボティクス、バイオ、新材料など)、農業、サービス業、旅行カルチャー産業が挙げられています。

2.会議の論点

会議のタイトルを改めてみると、このような東北振興の文脈と、一帯一路構想をからめたものとなっています。一帯一路、東北振興、そして深圳モデルの経験の応用性が一体化した会議で、これらの3つの論点が混在していました。東北振興の論点では正面からの批判はありませんでしたが林毅夫教授の吉林報告を巡って議論が展開しました。一帯一路については、新疆の先生が中央アジアにおけるチャンスと中近東でのリスクを指摘したことが印象的でした。そして深圳を巡っては、深圳の経験のうち、なにが東北に参考になるのかが議論されましたが、全く経済構造が違うため、民営経済の振興や市場メカニズムの導入といった大上段の論点が目立ちました。ただ、各論では深圳の資金を哈爾浜工業大学やハイテクベンチャーに投入すべきといった話が登場し、実際に会議の次の日には深圳市に本拠を置く企業の哈爾浜支社を見学しましたが、哈爾浜工業大学の卒業生を中心に、ハイレベルなソフトウェアエンジニアの存在が支社設立の主因だと聞き、こうした工科系大学からの波及効果はありえそうです。実際に哈爾浜市経済研究所の所長は、近年中国国内でキーワードになっている「軍民融合」政策が哈爾浜にとってチャンスとなる旨を指摘しました。

3.印象的だった報告

個別の報告では中山大学留学時から著名だった王珺教授(広東省社会科学院院長)が広東省の過去10年の経験を総括していて、とても興味深かったです。王教授によると、広東省は2010年頃まではいわゆるキャッチアップ型の政策を採択しており、具体的にはLED、電子産業、新エネルギーといった特定産業分野を選択して支援をしていました。しかしその後、2014年頃、現地の研究者が気が付いたのは、こうした支援の多くは失敗したという事実で、イノベーションを支援するには、こうした産業レベルの支援は適さないという事実だったそうです。そこで特定産業というよりも、インキュベーションセンターや科学技術部のハイテク企業認定への補助へと重点を切り替え、特定産業ではなく、より広く民営企業の活動を支援した、というのが王教授の総括です。王教授はこの転換を「追赶型政策(キャッチアップ型政策)」から「功能性改進(機能的改善)」と表現していました。

私は深圳を中国経済の高度化とイノベーションの観点から研究しており、このほかに一帯一路も研究しています。しかしもう一つ中国経済にとって重要な構造改革についてはなかなか研究をすることができていないのですが、今回の会議でそのきっかけをもらったような気がしています。深圳も、一帯一路も、東北も、すべてつなげてしまう会議から得るものは実に多かったわけです。

以下、一部会議の写真。

WeChat Image_20170912020349.jpg

 IMG_20170909_091035.jpg

IMG_20170909_100627.jpg

IMG_20170909_101727.jpgIMG_20170909_102753.jpg

 

IMG_20170909_143454.jpg

 

IMG_20170909_153242_1.jpg

会議のメディア報道

http://news.ifeng.com/a/20170911/51946921_0.shtml 凤凰网资讯 http://hlj.ifeng.com/a/20170911/5983417_0.shtml 凤凰网黑龙江频道 http://www.hlj.xinhuanet.com/bcrd/2017-09/10/c_136597929.htm 新华网黑龙江频道 http://hb.my399.com/html/2017-09/10/content_14837223.htm 哈尔滨日报 http://www.sohu.com/a/190866038_267106 搜狐财经 http://news.sina.com.cn/c/2017-09-10/doc-ifykuftz5830078.shtml 新浪新闻中心 http://news.163.com/17/0909/19/CTTRL22100018AOQ.html 网易新闻 http://finance.china.com.cn/roll/20170909/4385095.shtml 中国财经网 http://www.harbin.gov.cn/info/news/index/detail_jryw/466814.htm 哈尔滨市政府网站 http://www.hrbtv.net/folder137/2017-09-10/210855.html 哈尔滨新闻频道、哈尔滨广播电视台 http://news.china.com/finance/11155042/20170909/31337656.html 中华网 http://www.randian.cc/quanqiujingji/151136.html 燃点网 http://news.iqilu.com/china/gedi/2017/0909/3678158.shtml 齐鲁网 http://news.cbg.cn/cj/2017/0909/9024809.shtml 重庆网络广播电视台视界网 http://news.eastday.com/eastday/13news/auto/news/finance/20170909/u7ai7077356.html 东方网 http://economy.jschina.com.cn/gdxw/201709/t20170909_1024889.shtml 中国江苏网 http://ce.jxcn.cn/system/2017/09/10/016389780.shtml 江西网经济频

伊藤亜聖のページです

 中国に軸足を置きながら、アジア、そして新興国の経済を研究しています。ここにはメモのような雑文を書いていこうと思います。
 上の写真は中国広東省、深圳市の海上世界という場所です。昔は海だったようですが、いまでは埋め立てられて、ファッショナブルなショッピングモールやバーが並ぶ場所になっています。