Aseiito.net

いくつか研究報告をしました

1)日本タイ協会

2018年5月10日、日本タイ協会にて「中国のデジタルエコノミーはアジアをどう変えるか?」と題して報告しました。ここでの報告の内容は、同協会発行の『タイ国情報』2018年5月号に掲載されています(残念ながらオンライン版は無いようです)。調べていて興味深かったのは、中国企業の対アジア(北東アジア、東南アジア、南アジア)向けの投資額のうちで、Baidu, Alibaba, Tencentなどの大手IT企業が占める比率を算出すると、2017年に17%に急増しているということでした。とくにAlibabaによるラザダ買収が大きいのですが、重要なトレンドだと考えています。

2)ビジネスモデル学会

2018年6月3日、ビジネスモデル学会の春季大会「都市のビジネスモデル~都市は経営できるのか~」に登壇し、「 加速都市の覚醒 – 中国・深圳と改革開放 40 周年 」と題して報告しました。基本的にはマッハ新書『加速都市深圳』や、『日立総研』2018年5月号に寄稿した内容ですが、多少「デジタル化に対応した都市とは何か」、「社会実装先進都市とは何か」について検討を深めました。

3)比較経済体制学会

2018年6月10日、比較経済体制学会の共通論題「「ユーラシア地域大国の比較と関係」関係編」にて、「中国の「一帯一路」構想~生産ネットワークとデジタルエコノミーの観点からの考察~」と題して報告しました。一帯一路については、昨年来、日本政府および企業にも動きが出てきているので、この点は今度すこし整理してみたい論点です。日本国際フォーラム、日本国際問題研究所の研究会などでこの点は引き続き研究する予定です。

4)Meridian 180参加

2018年6月15-17日、コーネル大学が中心になって進めている研究ネットワーク、メリディアン180の香港大会(@香港中文大学)に参加して、デジタル化が与える影響について議論しました。多様な分野でデジタル化が議論されていることをよく理解できました。大会の運営も様々なアプリ、例えばBasecampAttendifyEventbriteを活用していて、特徴的でした。

WeChat Image_20180618165039.jpg

香港ビクトリアハーバー(2018年6月17日)

メリディアンで参加したグループ。法学者、弁護士、経済学者、コンサルタント、エンジニアなど多様なメンバーが一つのグループに入って議論しました。

Attendifyでワークショップの様子をシェアして、いいねとかコメントができます。Facebookの招待制グループで良いような気もしましたが、結構人気なんでしょうか。

香港では反共産党の運動も。

公園にいったらPokemon Goのプレーヤーが沢山いました。

5)今後の予定

いくつか講演の予定があります

①2018年6月27日VR未来塾PLUS「加速都市・深圳入門」

https://shenzhen.peatix.com/?lang=ja

②2018年6月29日横浜企業経営支援財団(JENESIS藤岡代表と登壇します)

http://www.glocom.ac.jp/events/3637

③2018年7月6日国際大学GLOCOM(どうもすでにキャパオーバーとのことです。ありがとうございます。)

http://www.glocom.ac.jp/events/3637

義烏と深圳の記事に少し登場しました

いくつかの記事に、少し登場しています。わざわざ言及ありがとうございました。メモしておきます。

 

1)義烏のアフリカ人商人が語ること

高須正和さん著「「中国で知ったもの作り、アフリカに広げる」 アフリカにも伝わるマスイノベーション」、日経ビジネスオンライン、2018年6月5日記事。

世界最大の卸売り市場、義烏に高須さんと一緒に行った時に何か所か訪問したのですが、そのなかでも特にインパクトがあったのが、この方。セネガルから来た商人で、現在義烏のアフリカ人商会会長のソーラさん。以前にブログでも少し書いたのですが、中国で買い付けするなかで学んだことを、アフリカの工業化につなげようという新しいトレンドを熱く語ってくれました。

 

2)深圳のロボット会社で見た活力

戸田拓さん著「中国・深圳、モデルは秋葉原だった もっと驚いていい「パチもん魂」」withnews、2018年6月16日記事。

2018年3月の深圳観察会に参加した戸田さんによる記事で、がりがりのBGM付きの動画も入っていて、とても臨場感あります。

 

わざわざ言及していただいてありがとうございました。

Contribution to the Nippon.com

I have contributed to Nippon.com, the article is entitled “Accelerating Pace of Innovation in China and Japan’s Emerging Response”. The Japanese, Chinese, and Russian versions are also available.

English version: Accelerating Pace of Innovation in China and Japan’s Emerging Response

日本語版(オリジナルバージョン):加速する中国のイノベーションと日本の対応

中文版:创新加速的中国及日本的应对措施

Russian version: Китай ускоряет инновации: чем ответит Япония?

『日立総研』に寄稿しました

日立総合計画研究所の機関紙『日立総研』Vol.13-1の特集「新興国に拡がるイノベーション・ホットスポット」に寄稿しました。タイトルは「イノベーション加速都市・深圳 「新興国×テック」の時代に日本はどう取り組むのか?」です。

『日立総研』Vol.13-1のURL:http://www.hitachi-hri.com/journal/vol13_01.html

論文のPDF:http://www.hitachi-hri.com/journal/__icsFiles/afieldfile/2018/05/31/Vol.13-1.pdf

 

『電子書籍 加速都市深圳(β版)』を刊行しました

『電子書籍 加速都市深圳(β版)』をBoothで刊行しました。

電子書籍 加速都市深圳 (β版)

目次

はじめに

第一章 中国を追いかけたら「テック」に出会った

第二章 ハードウェア都市深圳の日常

第三章 フィジカルなスペース、デジタルなコミュニティ

第四章 社会実装先進都市を体感する

第五章 再開発が進む街でアートを見る

第六章 深圳を越えて、中国を越えて

おわりに コミュニティだから加速できる

 

在外研究メモシリーズを書く中で感じてきたこと、話してきたことをもう一歩まとめて、リアルタイムでフィードバックする、という試みです。

β版なので、誤字脱字などありますが、後からそれもアップデートしていきます。

この本はニコ技深圳コミュニティのGOROmanさんの電子書籍、『電子書籍「全ての出版社は多分潰れる』にインスパイアされたものです。 この「マッハ新書」シリーズにshaoさんの電子書籍、『電子書籍「シンギュラリティが止まる日」』もあります。

この辺りの流れはshaoさんのブログ記事「マッハ新書のつくりかた」が書かれてあります。

 

 

 

伊藤亜聖のページです

中国に軸足を置きながら、アジア、そして新興国の経済を研究しています。ここにはメモのような雑文を書いています。
上の写真は上海市出身のアーティスト、楊泳樑氏(Yang Yongliang)のPhantom Landscape Ⅱ (蜃市山水贰, 2007)です。山水画に見えますがよく見るとビル群で、2000年代後半の開発の様子を思わせます。Yang Yongliang Studioの許可を得てヘッダー画像として掲載しています。