Aseiito.net

日本経済新聞にコメントが掲載されました

『日本経済新聞』、2018年7月17日記事「若い起業家のアイデア 最速で実現 才能 欧米からも  Xバレー 勃興起業都市 深圳・広州(上) 分厚い部品産業の磁力」にコメントが掲載されました。

事前の内容確認がなかったので、修正できていませんが、アップルの研究開発拠点開設はティムクックがアナウンスをして、現在引き続き開設準備中のはずです。また、深圳市の人材政策の件、記事本文では「数百万円」ということになっていますが、深圳市の孔雀政策は1700万円~5100万円(具体的には100万~300万人民元)を博士号取得者かつ深圳市での就職または起業する人等(このほかにも様々な基準で対象となる高度人材をリスト化しています)に支援するプログラムなので、実態は一桁違います・・・。

 

参考:

https://finance.qq.com/a/20180508/036201.htm

(この記事だとAppleの深圳R&DセンターがHuaweiからAI技術者を53人引き抜いたということになっていますが、開設されたという記事はまだでていないはず・・・)

 

NT金沢にマッハ新書として出展とトークセッションしました

ニコニコ技術部のイベントに初参加&初出展しました。マッハ新書としての参加です。秋田純一先生に印刷していただきました、ありがとうございました。

横浜企業経営支援財団(IDEC)にて報告しました

JENESISの藤岡代表と横浜企業経営支援財団(IDEC)にて報告しました。

VR未来塾plusに登壇しました

https://shenzhen.peatix.com/?lang=ja

ソニーのメイカースペースで開催されたVR未来塾plusに登壇しました

所属研究所のセミナーで話します

7/10 15:00~、所属研究所の公開セミナーで話をします。タイトルは「なぜ中国でイノベーションと社会実装が加速しているのか?」です。

http://jww.iss.u-tokyo.ac.jp/research/seminar/

要旨
 中国は一人当たりGDPでは中所得水準にあり、研究開発投資額の総額は世界第二位ながらも、米国よりは少ない。にもかかわらず、中国では先進国以上にモバイル決済が普及し、それを新たなインフラとしてオンラインとオフラインをつなぐ様々な新サービスも登場している。中国で進むのは基礎研究や製品開発の能力の向上だけではない。注目が必要なのは、新たな情報通信技術を活用して、社会にこうした技術を埋め込み、新サービスとしてビジネスを回していくメカニズムである。本報告ではこのような現象を仮に「社会実装型のイノベーション」と呼んで、中国におけるデジタルプラットフォーム、制度・政策・規制、地方間競争、後発性の効果などの観点から検討を加える。

伊藤亜聖のページです

中国に軸足を置きながら、アジア、そして新興国の経済を研究しています。ここにはメモのような雑文を書いています。
上の写真は上海市出身のアーティスト、楊泳樑氏(Yang Yongliang)のPhantom Landscape Ⅱ (蜃市山水贰, 2007)です。山水画に見えますがよく見るとビル群で、2000年代後半の開発の様子を思わせます。Yang Yongliang Studioの許可を得てヘッダー画像として掲載しています。