全球中国経済研究学術能力提升大講堂に登壇します

中国知網(China National Knowledge Infrastructure, CNKI)と各国の中国経済・経営研究の学会が共同開催する「全球中国経済研究学術能力提升大講堂(Global Lecture Series: Academic Capacity Enhancement On Chinese Economic Studies)」が6月1日から30日までオンラインで開催されます。日本の中国経済経営学会からも合計4名が参加し、そのうちの一人として私も報告させていただきます(私は6/19です)。報告者のテーマは諸々ですが、シリーズ全体としてやはり新型コロナウイルスの流行が一つの中心的な論点となっています。

主催団体:

Chinese Economic Association (CEA, UK/Europe), Chinese Economists Society (CES, US), Chinese Economics Society Australia (CESA, Australia), Japanese Association for Chinese Economy and Management Studies (JACEM, Japan), China Health Policy and Management Society (CHPAMS, US), Journal of Chinese Economic and Business Studies (UK), China National Knowledge Infrastructure (CNKI, China)

下記より登壇者リストおよびアクセスができます(時間表記は北京時間):

http://k.cnki.net/theme/Index/47