Aseiito.net

ホーム » 2017 » 6月

月別アーカイブ: 6月 2017

深圳在外研究メモ No.25 ローカル系レーザーカッター工場を訪問する編~東莞市の雷宇激光を訪問、メイカースペースを支える現場を見た

在外研究メモのNo.9で、華強北エリアで開催されたレーザーカッターのワークショップに参加したことを書きました。このワークショップに来て現場の講師役を務めていたレーザーカッターメーカーが、東莞市雷宇激光設備有限公司です。今回この会社を訪問できたので、そのメモをまとめておきます。

IMG_20170628_100038.jpg

東莞市沙田鎮にある工場入り口。2010年から2013年にレーザーカッターの貿易を始めたものの、品質の管理に苦労したため、20135月に自ら生産に参入。現在、従業員数は25人ほどの小さな工場でしたが、とても若くまた明るい雰囲気の工場でした。基幹電子部品はすべて外部からの購入ですが、アルミフレームの切削加工は自社内でおこなっており、後述するレーザーチューブの検品を全量行うことで、製品の品質を安定化させていることが、この価格帯のレーザーカッターとしての差別化につながっているようでした。

IMG_20170628_100818.jpg

当社の主力製品であるNova、販売価格は約2万元(36万円)。

IMG_20170628_101031.jpg

木材加工の例。

IMG_20170628_100339.jpg

同上。

IMG_20170628_100411.jpg

アクリル加工の例。

IMG_20170628_101205.jpg

5層の加工による毛沢東像。

IMG_20170628_101630.jpg

工場の生産現場。

IMG_20170628_101925.jpg

コントロール系統が入る箇所。サーボモーターとコントロール系統は雷賽智能のものを使用。

前回、3Dプリンター工場を訪問した際にも明らかだったのですが、XY軸をコントロールする軸自体を安定させることが重要で、ここは手作業での調整がものを言います。また、サーボモーター、そしてコントロール系統が深圳東莞エリアで製造されていることの意味も大きいでしょう。木材加工やアクリル加工のように、それほど精度を求められないセグメントでは、もはや現地調達されたサーボモーターとコントローラーで十分な性能が得られます。「XY軸を正確に動かし、それにレーザーを連動させる」というシンプルな課題に安価に応える現場がここにあると感じました。

IMG_20170628_103009.jpg

炭酸ガスチューブ。

IMG_20170628_102808.jpg

工場を見学した中で、案内してくれたKen(副総経理)が最も大事だといったのは、炭酸ガスチューブのエイジングと検査工程でした。Ken曰く、米国産のサイズのレーザーを購入すると10万元(約160万円)かかるそうで、それに対して中国産チューブの価格は1/20以下。寿命は約1/10で、米国産4万時間に対して中国産は4000時間ほどで交換が必要になるそうです。Kenによれば、雷宇の現在の販売先である欧米の工場や、手工芸用の教室、そしてメイカースペースでは、それほど長時間の使用をしない場合が多いため、4000時間の寿命で2年ほど持つそうで、寿命が来たら交換する形でコストを抑えているとのこと。

IMG_20170628_102527.jpg

アルミ部品の加工現場。

IMG_20170628_103318.jpg

ドイツの代理店関係者との写真。販売実績の90%が海外で、ドイツに300台、米国に200台、日本にはまだ34台の納入にとどまっています。中国国内でもメイカーズムーブメント(創客)の広がりによってニーズが生まれているそうですが、圧倒的に3Dプリンターへのニーズが勝る状況にあり、こうした教育系市場へのレーザーカッターの普及にはまだ時間がかかりそうです。むしろ東莞ではアパレル生地の裁断用のレーザーカッターメーカーが多数あるとのこと。

WeChat Image_20170628223807.jpg

記念撮影。ともかく現場の明るい雰囲気が印象的でした。

IMG_20170628_180613.jpg

訪問終了時には、記念撮影したものが木版に彫刻されて、プレゼンしていただきました。

Kenさん、ありがとうございました!

講演会告知:深圳ハードウェアスタートアップのエコシステム(深圳硬件新兴企业的生态圈 )

新しいビットマップ イメージ.png

日時(时间):2017年7月4日18:30-20:30

会場(地点):深圳市福田区華強北賽格広場12階Segmaker(华强北赛格广场12楼赛格众创空间)

主催(主办方):ニコ技深圳観察会Segmaker出張所

事前登録:不要です(不需要登记)

言語:日本語(this workshop will be hold in Japanese, but welcome international friends to join. 这研讨会语言为日语,但非常欢迎国际友人过来参加)

 

登壇者(演讲来宾)

高須正和(teamLab)

無駄に元気な、チームラボMake部の発起人。チームラボ/ニコニコ学会β/ニコニコ技術部/DMM.Makeなどで活動、『ニコ技輸出プロジェクト』を開催。『メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。』(インプレスR&D, 2016年)を出版。ブログでも情報を発信:https://medium.com/@tks

 

藤岡淳一(創世訊聯科技(深圳)有限公司 董事總經理)

1996年千代田工科芸術専門学校卒、派遣技術者として家電大手の製造部門で勤務。デジタル機器ベンチャーを経て2011年にジェネシスを創業。2013年深圳工場を設立。イオングループの「格安スマホ」の納品を手掛けるなど、深圳のサプライチェーンの最前線で活躍。http://jenesis.jp/

 

司会(主持人)

伊藤亜聖(東京大学社会科学研究所/深圳大学中国経済特区研究センター)

 

タイムテーブル(时间表)

18:00開場、おいしいフルーツティを用意しております (18点开始入场,喝喝水果茶)

18:30講演会開始(18点半开始演讲会)

新しいビットマップ イメージ (3).png

 

連絡先(联系人):伊藤亜聖

Wechat ID: aseiito

Email: asei@iss.u-tokyo.ac.jp

(地図データなどシェアできるので、できればWechatでご連絡ください)

 

深圳在外研究メモ No.24 深圳国際ドローン展2017に参加する編②~展示の特徴は産業用、大型機、固定翼、そしてアンチドローンシステム等々。非空撮市場をめぐる競争へ。

6月24日、深圳ドローン展の2日目、主に会場を見学しました。

産業用ドローンが展示の大多数を占めており、なかでも警察公安消防といった官需系ドローン、そして固定翼ドローンが目立ちました。要するに、DJIが市場を掌握しているコンシューマーセグメント以外で、各社競争しようとしていることが明確に表れていました。ただ、DJIもMatrice200に代表される機種で、特に測量と検査市場を、Agrasで農業用市場を開拓しています。徐々に民需はDJI、官需は他の大手、といった方向が見えてくる可能性も感じました。

以下、写真です。

1.個別コンファレンスの様子

IMG_20170624_123512.jpg

会展中心五階からの風景。

IMG_20170624_114320.jpg

少し覗いたドローンの電力システムへの応用フォーラム。関係企業の担当者が集まり密度の濃いプレゼンが進んでいました。

IMG_20170624_114718.jpg

北京の電力検査会社のプレゼン。ソーラーパネルの検査を省力化し、大きなシステムのなかにドローンを組み込んだサービスを展開していました。

2.会場で目立った産業ドローンと大型ドローン

IMG_20170624_152332.jpg

一つの典型としてのJTTの産業用ドローン。カメラ以外に、拡声器、大型発光機などを搭載可能。

IMG_20170623_131033.jpg

警察公安向けドローンの大手、AEE。

IMG_20170623_125241.jpg

水素燃料電池により4時間の飛行を実現したMMC。

IMG_20170623_131845.jpg

人命救助用ドローンの試作機、ペイロード125kg。

IMG_20170624_164025.jpg

40リットルの農薬を搭載できる大型農業用マルチコプター。

IMG_20170624_111506.jpg

搭載する機器によって様々な用途に対応可能という面を強調した大型ドローン。

3.目についた固定翼機

IMG_20170624_140801.jpg

固定翼機の数の多さも中国ドローン産業の特徴の一つと言えそうです。測量向けのものもありましたが、多くは偵察、さらに軍事寄りと思われるものもありました。日本のドローンの展示会、例えば3月のJapan Droneでは固定翼機はほぼ皆無だったと記憶しており、この差は明確です。

IMG_20170624_162325.jpg

IMG_20170624_163416.jpg

IMG_20170624_163813.jpg

4.アンチドローンシステム

IMG_20170624_163605.jpg

妨害電波を放ち、ドローンを撃墜する機器。

 

IMG_20170624_163723.jpg

周波数を設定。

IMG_20170624_151824.jpg

別の企業のアンチドローンガン。

以上、ひとまずのメモまで。

現地報道追記:

http://news.sina.com.cn/c/2017-06-24/doc-ifyhmtrw3783731.shtml

http://news.xinhuanet.com/tech/2017-06/24/c_1121202484.htm

 

深圳在外研究メモ No.23 深圳国際ドローン展2017に参加する編①~「世界無人機大会」の規模、そして南京航空航天大学の先生の「ドローン×AI」の議論が刺激的だった

私は新興産業の事例研究として、中国のドローン産業にも注目して研究をしています。最近ですと日本の専門メディアDrone Journalに「加速都市・深圳から見るドローンの未来」を書いています。

現在滞在している深圳では、昨年に続き深圳市無人機協会の主催による深圳国際ドローン展が開催されています。昨年の展示会にも参加しているので、去年の開催概要はこちらをご覧ください。

以下、初日に参加した雑感を写真にメモしておきます。現時点での印象としては、①昨年は参加が見られなかったDJIが、副総裁をコンファレンスに出したことが会議自体の重みを大きく変え始めている、②コンシューマーセグメントにおけるDJIの一強状態を反映して、出展メーカーは産業用ドローンメーカーが圧倒的に多いこと、③「世界無人機大会」というコンファレンスが巨大で、しかも海外の来賓のプレゼンより中国側のプレゼンが刺激的だったことがあります。展示の内容については明日以降に取材したものを次に書くことにして、以下では、初日のコンファレンスについて若干触れておきたいと思います。

IMG_20170623_083915.jpg

昨年に続き会展中心で開催されているドローン展。

IMG_20170623_113624.jpg

7-8号館が会場となっていますが、主に8号館にドローンが、7号館には画像認識系の展示が集まっています。

IMG_20170623_100231.jpg

開幕式の様子。1時間くらい押して始まりました。

IMG_20170623_144815.jpg

「世界無人機大会」、深圳市ドローン協会・楊金才会長による挨拶。

IMG_20170623_145221.jpg

合計10のキーノートスピーチの一番で登壇したDJIの副総裁、徐華濱氏。タイトルは「娯楽から生産力へ:ドローン産業の未来の生態系」。

IMG_20170623_145610.jpg

DJIの機種開発を4つの段階に分けて説明。第一段階は、飛ぶのに十分な飛行機能(ホバリング、操作)を持たせる段階。第二段階が空撮セグメントを開拓するために必要な機能(カメラおよびジンバルの搭載)を持たせる段階。第三段階が、衝突回避、追跡、ジェスチャーコントロールといったスマート化。そして第四段階が産業用ドローンの段階で、悪天候への耐久性、信頼性、モジュール化およびオープン化によるカスタマイズ需要への対応、という段階。

IMG_20170623_150545.jpg

ハードウェアは主に3つのプラットフォームで対応。

IMG_20170623_150818.jpg

ソフトウェアは、①フライトコントローラー、②データ収集、③データ分析の3つのレイヤーでパートナーを選定していく。

IMG_20170623_151046.jpg

マーケティングとシステム開発の両面でパートナーを増やす戦略、とのこと。本当はDJIはもっと未来を考えているはずですが、ここではあくまでもパートナーを増やすというプレゼンテーションをしていました。

 

IMG_20170623_174722.jpg

別のプレゼンの中で、強烈だったのは南京航空航天大学の黄大慶先生のプレゼンです。ドローンにAIを搭載し、ネットワーク化することで何ができるかという議論をしていました。結論として、蜂の群れの研究を応用し、相互に連結した、自律したドローンの群れにAIを搭載すれば、第一に軍事用途では「この顔のテロリストを排除せよ」と命令すれば自動で発見し攻撃し排除できる。世界を5つくらいのエリアにわけて管理すればよい、とのこと。第二に、民用では、AIに「農作物を育てて収穫量を増やせ」と命令すれば、ドローンの群れが自動で農薬をまき、水の生育状況を把握できる。他の登壇者が実務的な機体開発、法規制、ソリューション、そして国際協力の話をする中で、黄教授のものが最も野心的なプレゼンで、「ドローン×AI」の議論は刺激でした。

IMG_20170623_180925.jpg

ドローンにAIと自律的グループコントロールを追加した場合に可能になる民用用途を解説しているスライドです。

IMG_20170623_153430.jpg

「世界無人機大会」の様子。

IMG_20170623_182313.jpg

「深圳無人機宣言」を多くの国から来た代表と署名し、「世界無人機大会」はフィナーレ。

IMG_20170623_133650.jpg

二日目以降には専門的なセッションが複数開催されます。すべては把握できませんが、展示の内容と合わせて次回書きます。