Aseiito.net

ホーム » 2017 » 4月

月別アーカイブ: 4月 2017

深圳在外研究メモ No.16 3Dプリンター工場見学編~デジタルファブリケーション機器の製造現場はきわめてアナログだった

深圳・香港では展示会が頻繁に開催されています。電子電機系の展示会に行くとロボット、VR、ウェアラブルなどが並ぶ中に3Dプリンター企業の出展ブースも並んでいます。その中で、小さいブースにプリンターを並べ、手に取った精度はなかなかで、しかし製品価格は3,200元(約52,000円)というメーカーがありました。興味をもったので声をかけて仲良くなり、後日工場を訪問しました。

工場は深圳市の北部、龍華の工業団地内の一室にあり、部屋3部屋のうち、1部屋が組み立て、1部屋がオフィス、1部屋が来客対応用でした。

海南大学の大学生が卒業後の2014年に深圳で創業したプリンターメーカーで、現在従業員数は20名ほど。創業者は1990年生まれです。サーボモーターをはじめ、主要な部品はすべて近辺で買い付け、フレームのみを板金で特注し、あとは部屋で組み立てていました。3Dプリンター内部のソフトウェアについては独自の改変を行っているらしいのですが、このあたりの話は聞くことができませんでした。

販路は基本はEコマースで、中国国内は天猫、JD、国外はAliexpressで販売しており、最も数がでているモデルは機械のサイズが420mm*420mm*460mmで、最高精度0.1mm、ノズル直径0.4mm、価格が3,200元です。この価格にして、重量は18kgで、フレームはすべて金属でできていました。製品の中で最も重点を置いている箇所はフレームだということで、重量のあるフレームを使うことで、機器のブレを避けることを目指していました。工場内でも組み立て工程での調整はすべて六角ネジでの調整となっており、あとで知り合いに聞いてみたところ、やはりこの工程が重要だとのことでした。デジタルファブリケーションの代表格である3Dプリンターの生産は、意外にも極めてアナログだということがよくわかりました。

IMG_20170426_133558.jpg

工業団地、というかアパートの一室に…

IMG_20170426_151112.jpg

3Dプリンター工場が。むせかえる暑さの中、組み立て作業が進められていました。

IMG_20170426_142700.jpg

現在の最も「大衆路線」であるモデル。価格のわりに、フレームがしっかりしており、確かにその点は同価格帯の他社製品との差がありそうです。

IMG_20170426_142757.jpg

最大サイズ、縦1000mmのプリンター。特注で3万元とのことでした。

IMG_20170426_152353.jpg

共同創業者の李建さん。現在開発中の小型モデルも紹介してくれました。

IMG_20170426_144651.jpg

持っているネジが明らかに普通とはちがうもので、それを使ってプリンターのヘッドが乗る軸を微調整する工程。ここがずれるとすべて終わりなので、最も重要な工程の一つ

IMG_20170426_144526.jpg

本体に関わるネジは六角ネジ。

IMG_20170426_143154.jpg

出荷前には全台で試し打ちを行う。室内には失敗したプリント制作物も結構置いてありました。

IMG_20170426_143045.jpg

試し打ちの一つはドラえもん。頭の球体部分がきれいに出るかどうかがチェックポイントの一つとのこと。

IMG_20170426_142400.jpg

応接室に置いてあったサンプル。展示会会場やこうした場所においてあるのは、「成功品」であるということが工場を見るとよくわかりました。カメラのプロトタイプ用のプリント製品なども置いてありました。

 

深圳在外研究メモ No.15 デザインウィーク見学編~ガラス工場をリノベーション。主会場はプロダクト展。別会場の青葉益輝のポスターを来場者はじっと見ていた

サプライチェーンを超えて、「デザインの都市」を目指す深圳。フィンランド・ヘルシンキとの共同デザインパークの開設が注目されましたが、今週現地では第一回「深圳デザインウィーク(Shenzhen Design Week)」が開催されていました。

最終日に数時間しか見れなかったのですが、主会場の蛇口・価値工廠(i-Factory)ではプロダクト系の展示がされており、市内の南山博物館ではポスターやイラストの展示会が開催されていました。ほかの世界的なデザインウィークには参加したことがないのでわかりませんが、正直今回の深圳の規模は大きくなかったと思います。それでもシンガポール国立大学デザインインキュベーションセンターの中山さんも見に来ていたので、国外から見に来た方もそれなりにいたようです。市内の各所で同時開催の展示がされていたようでしたが、回ることはできませんでした。

個人的に印象的だったのは、別会場で実施されていた青葉益輝です。しばらく観察していたのですが、なかなかポリティカルなポスターが多い中で、来場者が結構足を止めていたのは、1970年代に東京都のごみ問題を提起したポスター群です。深圳もまさに高度成長期を経て、都市の成熟の段階にも入っており、こうした問題意識が共有される土台のようなものがあるのだろうと感じました。見ている方に話しかけてみたのですが、「うん、日本語はわからないけど、意味はよくわかるよ」、と。1970年代の東京のごみ問題を風刺したポスターが、2017年の深圳の若者に伝わる、この事実はなかなか興味深いものです。

仕事柄、「いまの中国は日本の何年代に似ていると思いますか?」と聞かれることが多いのですが、正直この問題設定は不毛です。より正確に言えば、半分は有効で、半分は無効です。有効であるのは、やはり高度成長から安定成長を迎える中で生じる様々な構造転換(工業化から脱工業化、不足の経済から「豊かな社会」・大量消費社会化、不動産開発と資産価値の高騰、都市問題の噴出などなど)はかなりの程度、同じパターンを描きます。ただ、もう一方で、中国がいま直面している国際的な経済環境・政治環境と、日本が1970年代から1990年代に直面した環境は大きく異なります。

この限界を指摘したうえで、それでも東京都首都美化推進本部の1971年のポスターが、2017年の深圳の若者に伝わるのは、やはり共通の課題に直面しているという事実を、目の前で感じる機会になりました。おそらくよりキャッチ―というか、ノンポリで集客を得やすい日系のアーティストやデザイナーもいたと思うのですが、この展示を深圳で見ることができたのはラッキーでした。

新しいビットマップ イメージ (3).jpg

深圳市の西部、赤い矢印の場所が主会場の「価値工廠」。大まかに言うと、メモのno.10で紹介した、山を爆破して埋め立てた場所(地図は百度地図より)。

IMG_20170428_131632.jpg

会場は深圳市の西端、蛇口の港の近く、「価値工廠」。正直会場でて少し歩けばそこはまだコンテナが並ぶ場所でした。

IMG_20170428_132259.jpg

旧ガラス工場をリノベーションしてアート・ファッションイベントの会場に改装。

IMG_20170428_132414.jpg

このゾーンでは中国のデザインプロダクトを展示。

IMG_20170428_132503.jpg

IMG_20170428_132632.jpg

さらに奥に進むと…

IMG_20170428_132736.jpg

香港との共同プロジェクト系の展示。

IMG_20170428_133023.jpg

ユネスコのデザイン都市からの展示物ゾーンには名古屋のものも。

 

IMG_20170428_134506.jpg

前身のガラス工場時代の様子。

IMG_20170428_134846.jpg

旧工場時代の原料倉庫。大型の設備をあえて残してありました。

IMG_20170428_135327.jpg

ちょっとした落書き風の壁画。

IMG_20170428_135337.jpg

IMG_20170428_145851.jpg

青葉益輝展。

IMG_20170428_150014.jpg

20代が主な来場者でした。

 

IMG_20170428_150604.jpg

 

IMG_20170428_150719.jpg

ごみの風刺はこのあたり。

IMG_20170428_151010.jpg

「東京都首都美化推進本部」、1971年の作品。

IMG_20170428_144725.jpg

反戦テーマのものもかなり展示されていました。

 

 

深圳在外研究メモ No.14 ドローンスクールに入学してみた編~アプリ学習、Alipay支払い、そして総括は漢詩

中国のドローン産業の研究をしており、3月に『中国ドローン産業報告書2017 動き出した「新興国からの新興産業」』を刊行しました。さらに現地の状況を深く理解するために、日本ドローンレース協会の川ノ上氏と一緒に現地のドローンスクールに入学しました(以前からの知り合いの学校です)。直接的には農業用ドローンや視野外飛行も可能となるAOPA免許の取得が目標ですが、これを通して現地のドローン関連のコミュニティにも入れるので、さっそく興味深い学びが続いています。

まず入学を申請すると、Wechatで次のようなお知らせが来ました。

①スマホとPCからログインできるアプリで勉強できるので、ダウンロードしてください

学費はAlipayか銀行口座振替で支払ってください

さらに同級生および先生のWechat グループチャットが作られて、皆で軽く自己紹介、そして「明日午前に第一回の概論やるけど、参加できる?」と。動きが速い…。クラスメートには中国南方航空のエンジニアなどが含まれており、航空業界のプロがドローンを勉強しに来ていることも驚きでした。

そして第一回授業は座学での概論、約40分の授業3コマで2時間。当然すべて中国語ですが主な内容は下記のとおりでした。中国でのドローンの分類は3月のレポートでも調べていたのですが、深圳での実際の飛行の話、空気の汚染の度合いも中国では注意が必要、というような話もあって、特徴的でした。

1コマ目「ドローン概論」:ドローンの種類、中国におけるドローンの法律上の定義および分類(重量別、飛行距離別、飛行高度別)

2コマ目「ドローンの管理体制と法律」:中国国内でのドローン応用分野の概況、ドローン関連の法律整備の進展と現状、深圳における飛行管理の状況

3コマ目「ドローン飛行時の注意点」:気象状況(風、温度、湿度、空気の汚染度)、無線電波状況(磁気、キャリブレーション、GPS)、地上の要因(建築物と樹木、電線の影響、視覚の誤認識、空港周辺での注意)(DJI職員へもレクチャーした内容らしい)

2時間で3コマの授業だったので、ぶっ続けでもあまり問題ない長さではあるのですが、基本的に、1コマ(約40分)のレクチャーの間の休憩は1分間。これが深圳速度なのか…(もちろんトイレに行きたいと言えば待ってくれると思いますし、少人数ということもあったと思いますが、必要ないなら休まないという雰囲気でした…)途中ではドローン関係の事故の動画を見せてくれたり、実際に飛行していて劉先生が失敗した経験も教えてくれて、大変ためになりました。次回以降も楽しみです。ちなみに、先生がいる時間帯であれば、オフィスでのシュミレーターでの訓練、そして外部での実機飛行も自由にできるそうです。

そして秀逸だったのが、最後の漢詩。

起飞之前多检查,大风大雨待在家

法律法规要牢记,危险区域要远离

航行线路先熟悉,距离控制视距里

飞行安全莫儿戏,诸君且飞且珍惜

訳すとすれば下記のような感じでしょうか。

飛行前によく検査、大雨強風家で待て

法律法規はちゃんと読め、危険区域から遠く離れ

まずは航路を熟知、飛行は視野内

飛行安全おろそかにせず、諸君飛行は慎重に

 

以下、実際の様子です。

IMG_20170423_182329.jpg

スクールの入り口。

WeChat Image_20170427181652.jpg

入学者にのみ配布されるAOPAが編集したマルチコプターの教材。344ページ。

IMG_20170427_115424_1.jpg

小規模での授業の様子。

IMG_20170427_113038.jpg

法律の整備の状況。かなり細かく、「実はこの会議での決定が大事だった」など、裏話まで含めて解説してくれました。

IMG_20170427_120143.jpg

気象状況がドローンの飛行に与えうる要因についての整理。「能見度」、つまり大気汚染で見えないこともある点は確かに中国では大事。

IMG_20170427_121635.jpg

このまとめの漢詩が秀逸でした。

Screenshot_20170427-142028.png

学習用アプリ。

Screenshot_20170427-142043.png

APPで模試を受けられます。

IMG_20170428_101515.jpg

実機飛行は車で5分ほどの距離の空き地で。

IMG_20170428_110812.jpg

かなり年季の入ったPhantom3。

IMG_20170428_110842.jpg

まずは飛行操作のスキルを磨くため、カメラを外して飛行時間を長くして練習。

IMG_20170428_104257.jpg

練習風景。ホバリング、四角系、八の字飛行からいきなりスタート(キャリブレーションとかはやらない…)。近くにはレース用ドローンをFPVで練習している人も来ていたのですが、かなりの腕前でした…。

IMG_20170428_122748.jpg

練習後はオフィスで出前を取って食事。プロポにスマホを挟み、Youkuで人気ドラマ「人民の名義」を見る。「テレビ」も「現金」も登場せずに日々が進みます。

IMG_20170429_102351.jpg

これは別の日の試験飛行の風景。

IMG_20170429_110647.jpg

学生が飛行訓練をする隣では、講師と仲間が8ローターのオクタコプターに、DJIの異なるフライトコントローラーを乗せて飛行実験をしていました。確かに飛行性能が異なる…。そしてその場には某ドローンメーカーのエンジニアも来て、一緒にわいわい議論。開発環境との距離の圧倒的な近さを再認識…。これはメモのNo.9で触れたレーザーカットのワークショップでも感じたことですが、これはものづくりをしている場所ならでは…。

深圳在外研究メモ No.13 深圳大学北側の麻雀嶺工業園区付近を歩く編~元工業団地には ロボットスタートアップ、木工工房、コワーキング、メイカースペースが入居。「工場」からの脱皮を体感できる場所になっていた。

No.11の「 深圳市ソフトウェア産業基地(深圳湾)が意識高い編~Tencent新社屋、Stargeek, NAVER, そして総理コーヒー」では深圳大学のキャンパスの南側を紹介しました。今回は北側です。

北側は深圳の大通り、深南大道に面しており、そのランドマークは何といってもTencentの本社ビルです。Wechatの部隊が入居していると言われており、まさに中核的業務がここで担われているようです。メモNo.6で、TencentのVR部門を訪問した際にも紹介しましたが、ビルの下にはテンセントのキャラクターショップもあります。

ともかく、Tencentビルの東側の一角に麻雀嶺工業園区と呼ばれる区画があります。徒歩でも15分ほどで外周を歩けてしまうほどの小さい団地ですが、ここあたりにはほぼ工場はなくなっています。いまでは主にメーカーの本社機能やデザインハウスや貿易会社が入居しているようなのですが、歩いてみると「メイカー」的な側面も生まれていて、とても面白い地区になっていました

IMG_20170418_143436.jpg

深圳市博物館にあった、1980年代の深南大道の写真。文字通り何もなかった…。

20170415_121514009.jpg

現在の深圳大学の北端部分。手前左が深圳大学の文科楼で筆者の所属研究所があるところです。そして奥がTencentビル。右手の建設中のビルは何ビルなのか不明。これらのビル沿いに深南大道が走っています。

新しいビットマップ イメージ (2).jpg

網掛けになっている箇所が麻雀嶺工業園区と呼ばれる工業団地、南側の緑色の場所が深圳大学です。(百度地図より)

IMG_20170424_181107.jpg

あるビルの入居企業。一見、普通というか、貿易会社やネット系の会社が多く入っている印象。

 

1)Ufactory~ロボットアームスタートアップ

例えばこの団地の中の雑居ビルのワンフロアには、ロボットアームのスタートアップ、Ufactoryが入居しています。2013年5月に創業し、Kickstarterを皮切りにクラウドファンディングで成功、現在では従業員30名(製造部門を除く)のロボットスタートアップになっています。創業者のTonyに話を聞けたのですが、彼は1989年生まれで、北京の地質大学を卒業、大学院在籍の2012年に深圳にきて、Makeblockで半年ほど働いたそうです。当時はMakeblockは従業員10名ほどだったそう。先週Makeblock創業者のJasenが言っていた情報では400人に達していたので、かなり初期のMakeblockの中で働いていたそうです。そして彼もロボットアームのスタートアップとして、Kickstarterに製品を出し、これまでに4世代の製品をリリースしています。第一世代の製品の初出荷が2014年5月ですから、それ以降ほぼ毎年製品がアップグレードされていることになります。

IMG_20170423_172132.jpg

Ufactoryはこのビルの二階に入居しています。

Indiegogoに出品された最新モデル。

IMG_20170424_164522.jpg

プロトタイプが展示されていました。

IMG_20170424_164407_1.jpg

創業者のTonyと。

 

2)LitcheeLab~メイカースペース

この団地の一角にはLitchee LabというFab Labがあります。私のメモに何回も登場しているLukeがここでUnityのワークショップをしていたことから知ったのですが、おもにSTEM教育系のワークショップが頻繁に開催されているようです。

IMG_20170423_165242.jpg

IMG_20170423_164021.jpg

LukeのUnity講座。

 

3)忘言手作~台湾系木工工房

さらにその横には本格的な木工工房があり、家具や小物を講座形式で学ぶことができます。創業者の一人は台湾出身の職人だそうです。趣味で習いに来る人向けの授業と、制作した製品の販売も行っていました。中で働いている方に少し話を伺ったのですが、四川省成都市でデザインを学んだ方が深圳に来て、この工房で働いていました。

IMG_20170423_165052.jpg

 

IMG_20170423_164742.jpg

ギター、家具など、比較的大きなものもここで加工していました。小物に特化した工房も深圳の別の場所に開設したそうです。

IMG_20170424_175349_1.jpg

小物の制作例。ひとつひとつのものに工夫やユーモアが感じられました。

 

4)方塘(Fun Town)~DIYカフェ

階段を上がると、なにやら面白そうなカフェが。入ってみると、ここも台湾出身の方が3年前に開いたカフェで、手作り石鹸の工房を備えていました。ここでも週1~2回のペースでDIY講座が開催されているそうです。

IMG_20170424_170817.jpg

IMG_20170424_171016.jpg

IMG_20170424_174040.jpg

IMG_20170424_173434.jpg

ここで手作りされた石鹸。写真のものは保湿用に成分を調整しているもの。

 

5)思微(Simply Work)~深圳コワーキングスペースの大御所

同じく団地内には、深圳市内ですでに7か所にコワーキングスペースを展開している思微(Simply Work)もありました。別の場所の思微を訪問したこともあるのですが、超おしゃれで驚きました。内部の写真はあまりとれなかったのですが、オフィス内はほぼ満員状態で、20代の若者が、個人やチームでデスクまたは部屋を借り、プロジェクトを進めていました。フリーアドレスの机は月625元、フィックスアドレスは月1000元、4~5人向けの部屋が付き6000元でした。

IMG_20170424_184209.jpg

IMG_20170424_183324.jpg

IMG_20170424_182505.jpg

IMG_20170424_182601.jpg

IMG_20170424_182442.jpg

入居プロジェクトの事例。ハードウェアも少なくないようでした。

 

ここで取り上げたのは、この団地内で”Maker”寄りの場所だけで、もちろん、通常のオフィスとして利用されている区画が大部分です。ただ、このように小さな団地の内部にも、これだけ面白いスペースが生まれている、かなり”Make”な場所になっているのは感じられると思います。おそらく10年前、あるいは5年前の2012年には上に取り上げたものは一つも無かったでしょう。10年前には製造をしていたと思いますし、5年前にはまだこうした新しい動きはなかったと思います。この意味で、この団地一つを取り上げるだけでも、いかに深圳が「工業団地」から新たなニューエコノミーへの移行しつつあるかを感じられると思います。ともかく面白い場所がたくさんあるのですが、少しずつ深掘りしていこうと思います。

※参考サイトのメモ

China’s Creative Communities: Making Value and The Value(s) of Making

深圳在外研究メモ No.12 深圳で生活していて得られた情報編~青色ダイオード中村修二先生ラボ開設、DJI本社ビル建設、習近平広東指示の学習会~

深圳で生活を初めて3週間。ここで生活していると、これまで全く知らなかったニュースに触れることが少なくありません。今回はその中からいくつかを紹介したいと思います。

1.青色ダイオードの中村修二先生が深圳にラボを開設

現地ではIPテレビで、過去1週間のニュース番組をいつでも見られます。深圳衛星テレビのニュースを見るようにしているのですが、ある日、深圳市にノーベル賞受賞者が開設する研究室が4つできた、というニュースが流れました。そしてそこでちらっと言及されたのが、「中村修二博士もすでに研究室を開設」というニュースです。調べてみると、2016年12月に現地ニュースが流れていました。当時の深圳市許勤市長も出席して開所式を開いていたとのことで、この記事によると、中村先生は「深圳はレーザー・照明技術の研究と産業化で優良な環境と唯一無二の条件を持っている」と評価しています。どの程度、深圳のラボにコミットするのかは不明ですが、別のノーベル賞受賞者のラボの場合、「1年間に1か月は滞在して研究する」という発言もありました。

IMG_20170417_001624.jpg

IMG_20170417_001725.jpg

 

2.DJI本社ビル建設

深圳ドローン界隈の人と話していて、「DJIの従業員数8000人超えたらしいね」と言ったら、「そうなんだ、そういえばDJIがようやく本社ビル建ててるだよね」と教えてくれました。曰く、深圳市南山区の西麗のあたり。後で調べてみるとTencentの科技系ニュースサイトに2月2日の時点で記事「DJIが7億元で土地購入、本社ビルの建設とのうわさ」が掲載されていました。簡単に言えば、120億円の土地使用権の競売に、DJIのみが参加して取得した、ということです。確かにDJIはこれまでビルのいくつかのフロアを借りている状況で、自社ビルはいつ建てるのかなと思っていたのですが、いよいよ深圳市南山に本拠を定めるようです。

以下全訳です。

 深圳商報によると、深圳市南山区の留仙洞本部基地(興科路と仙茶路の交差点)の工業用地T501-0078が正式に売り出された。情報筋によると、入札申請をしたのは一名のみで、7.1億元の譲渡開始価格でDJIが取得した。

深圳市の土地不動産取引センターの土地譲渡公告によると、当該の土地面積は8927.67平方メートル、建築面積80350平方メートルで、土地使用権は30年である。

注目に値するのは、当該地の入居が許されたのは、ドローン産業で、なおかつ5年以上のドローン業界での運営実績を持ち、深圳市に登記し、独立した法人格を持つ企業、という点である。

当該地にはDJIのみが入札に深圳市、DJIが7.1億元で取得した。ある業界関係者は、Tencent 科技に対して、DJIはこの土地を独自の本社ビルを建設するのに利用すると明かした。現在DJIは南山区のSkyworth半導体設計ビルを借りてオフィスとしている。

業界関係者によると、DJIは近年の納税額が多いため、深圳市は補助し、いわゆる「競売」はあくまでも対外的な言い方に過ぎず、これは明らかだという。

一部の外国メディアによると、DJIの2014年の営業収入は5区ドル、2015年は8-10億ドルである。同じく深圳でスター上場企業である迅雷は、2015年の営業収入は2億ドル足らず。これが意味することはDJIがTencentをのぞけば深圳でも最も営業収入の多い科技系企業であり、深圳市がサポートするのはおかしな話ではない。
この件について、DJIは公式の反応を見せていない。

Huaweiなどは「科技系企業」ではないのか、と思うのですが…。

場所は留仙洞の本部基地で、調べてみると、これはニコ技深圳観察会で訪問したエリックパンのXfactoryのエリアのようです。前回近くに行った時の写真はこんな感じでした。

IMG_20170406_133351.jpg

写真は万科の開発園区ですが、地図で確認するとこのエリア全体が「留仙洞本部基地」となっており、この一角にDJIが入居するようです。

IMG_20170406_133634.jpg

関連土地情報サイト

留仙洞開発に関するニュースサイト

留仙洞開発に関する政府サイト

3.広東指示の学習会

ここ数日、「習近平総書記が広東に重要な指示を出したので学習しましょう」というニュースが現地メディアでは頻繁にされています。深圳大学でも学習会は開催されたようです。

主な内容は「4つの堅持、3つの支え、2つの前列」とまとめられています。曰く、4つの堅持とは「党の領導を堅持する、中国の特色ある社会主義を堅持する、新発展理念を堅持する、改革開放を堅持する」。3つの支えとは「全国のサプライサイド構造改革、イノベーション駆動型発展戦略、開放型経済体制の支えとなる」。2つの前列とは「全面的な小康社会の建設と社会主義現代化の新たな行程の前列を走る」ということそうです。

希望广东坚持党的领导、坚持中国特色社会主义、坚持新发展理念、坚持改革开放,为全国推进供给侧结构性改革、实施创新驱动发展战略、构建开放型经济新体制提供支撑,努力在全面建成小康社会、加快建设社会主义现代化新征程上走在前列。总书记的重要批示也被概括为“四个坚持、三个支撑、两个走在前列”

IMG_20170420_235749.jpg

時の流れが早いハイテク都市だけあって、特にテクノロジー系の情報は、われわれが知らないものが少なくありません。また、同時に他の市や地域と同じく、政治学習会も少なくともメディア上では強調されている事実から、ハイテク企業と中国政治経済という一つのコントラストを感じます。